年収1000万円はお金持ちじゃない?【年収を上げるよりも税金を下げるべき!】

7575d4ea49fd6bf6fd8d019579372513_m

誰もが憧れる年収1000万円。年収1000万円の人は果たしてお金持ちというのでしょうか?余裕のある生活が遅れるのでしょうか?そんな疑問を年収1000万円の割合や手取り額をもとにお話します。

年収1000万円の割合

下表は国税庁が毎年発表している、平成26年度の民間給与実態調査のデータをグラフ化したものです。

調査結果によると年収1000万を超えているのは男女合計で4.1%です。
(平成25年比で0.2%増加)

総務省統計局の調査によると、2016年の就業者数は6466万人なので、年収1000万円超えの数は約265万人ということになります。

zentai

年収1000万円の手取り年収

家族持ちか独身かによって給料から天引きされる税額が異なります。給料から天引きされる項目は、所得税、住民税、健康保険、厚生年金、雇用保険です。家族持ちの場合、扶養控除などが適用され税額が独身の方よりも少なくなります。その他にもたくさんの控除があり、それに応じて手取り年収が変わってきます。

詳しくは、給料から天引きされる2つの税金と3つの社会保険料をわかりやすく解説を参照ください。

前置きが長くなりましたが、年収1000万円の手取り年収は以下のようになります。

家族持ちの場合、手取り年収は730万〜760万円になります。

独身の場合、手取り年収は700万〜740万円になります。

家族持ちと独身とでは、そんなに変わらないのが現状です。独身貴族が増えている理由がわかりますね。

詳しくは、年収1000万円サラリーマンの手取り額と生活レベルを参照ください。

年収1000万円はお金持ちじゃない?

ここまでをおさらいすると、年収1000万円の割合は4.1%で約265万人が年収1000万円を超えているという計算になります。また、年収1000万円の手取り年収は730万〜760万円となります。

では、年収1000万円の方はお金持ちなのでしょうか?(贅沢をでき、余裕ある生活ができるのでしょうか?)

答えはNoです。

ある調査によると、年収1000万円の約7割の方が「贅沢ができない」と回答しています。また、収入が多い分支出も増えてしまい、貯金することができない方が多いみたいです。

より深く理解するために、以下も合わせてお読みください。

年収1000万円サラリーマンの手取り額と生活レベル【年収1000万超えの割合】
年収800万円サラリーマンの手取り額と生活レベル【年収800万円の割合】
年収600万円サラリーマンの手取り額と生活レベル【年収600万円の割合】
年収500万円サラリーマンの手取り額と生活レベル【年収500万円の割合】
年収400万円サラリーマンの手取り額と生活レベル【年収400万円の割合】