年代別の平均年収と手取り年収をまとめてみた!【20代、30代、40代、50代、60代】

7d91f5ff593f3ef89c5697f0b94419fc_m

年収は誰もが気になるトピックです。「同年代の会社員の平均年収、手取り年収はいくらか」など、平均年収・手取り年収に興味のある方向けの記事です。

※時間の無い方でも約1分ほどでお読みいただけます。

年代別平均年収

まずは下の表を御覧ください。平成27年度の国税庁の調査をもとに、男女別の平均年収を年代ごとにまとめたものです。

要約すると以下のようになります。

・男性の場合、50〜54歳の年収(649万円)が一番高い

・女性の場合、35〜39歳の年収(297万円)が一番高い

・男性の平均年収は50代前半まで上昇し、50代中盤から下降する

・女性の平均年収は年代関係なく、200〜300万円の間を推移している

【各年代の平均年収早見表】

男性 女性
19以下 142万円 106万円
20〜24歳 265万円 226万円
25〜29歳 371万円 295万円
30〜34歳 438万円 294万円
35〜39歳 499万円 297万円
40〜44歳 568万円 290万円
45〜49歳 638万円 292万円
50〜54歳 649万円 281万円
55〜59歳 629万円 275万円
60〜64歳 460万円 221万円
65〜69歳 387万円 204万円
70歳以上 360万円 201万円
全体平均 511万円 272万円

出典:平成27年度 民間給与実態統計調査

平均年収を参考にする際に注意すること

平均年収を参考にする際に注意すべきことは、平均年収はある一定のお金持ちが平均値を上げていることです。例えば、100人に年収アンケートを取った際に、1人でも大富豪がいれば、その分平均年収が底上げされるのです。

例)99人が年収400万円、1人が年収3億円

(99 × 400万円 + 1 × 3億円)÷ 100 =696万円

平均年収は696万円となります。

上記の例のように、データ上の平均年収と現実の平均年収には大きな乖離が生まれます。そのため、平均年収を鵜呑みにはせず、おおよその指標という認識を持つことが重要です。

より現実に近い年収を知りたい方は、年収の中央値を参考にするべきです。

年収の中央値とは、例えば101人を対象に年収を聞いた際に、年収順位がちょうど真ん中の人、つまり50位の方の年収です。
 
つまり、
101位(貧しい)→50位(中央値)→1位(お金持ち)
となります。

手取り年収の定義

7575d4ea49fd6bf6fd8d019579372513_m

続いては、手取り年収についてお話します。最初に、年収と手取り年収の違いについて明確にします。

年収とは、税引き前の1年間の収入(税金や社会保険料が引かれる前)を指しています。

手取り年収とは、税引き後の1年間の収入を指しています。

※給料から天引きされる(引かれる)項目は、主に①所得税②住民税③健康保険 ④厚生年金⑤雇用保険の5つです。詳しくは、給料から天引きされる2つの税金と3つの社会保険料をわかりやすく解説を参照ください。

年代別の手取り年収の概算

手取り年収は上記の定義のように、税金や社会保険料によって異なります。つまり、家族持ちや独身などによって、手取り年収は変わってくるのです。

ここでは、独身男性を対象に手取り年収を算出しています。

年代 平均手取り年収
20代 約250万円
30代 約360万
40代 約465万
50代 約490万
60代 約335万

手取り年収にすると、非常に少ない気がしますが、これが現実です。平均年収をもとに算出していますので、現実はもっと少ない気がします。より現実的な年収を知りたい方は、年収の中央値を参考にするべきです。

おわりに

いかがだったでしょうか?今回は、年代別平均年収と手取り年収についてお話しました。平均年収は知っておくだけでも、自身の現在の年収と比較することができ、キャリアを考える上で参考になるものです。自身の年代の平均年収と手取り年収を覚えておくと、良いかもしれません。

各年収の手取り額や生活レベルをより具体的に知りたい方へ

年収1000万円サラリーマンの手取り額と生活レベル【年収1000万超えの割合】
年収800万円サラリーマンの手取り額と生活レベル【年収800万円の割合】
年収600万円サラリーマンの手取り額と生活レベル【年収600万円の割合】
年収500万円サラリーマンの手取り額と生活レベル【年収500万円の割合】
年収400万円サラリーマンの手取り額と生活レベル【年収400万円の割合】