年収400万円〜1000万円サラリーマンの手取り年収と割合【まとめ】

cf0714a6dec3f36d642f5f492c5e589a_s

年収は誰もが気になるトピックですが、年収1000万円や年収800万円のサラリーマンの手取り年収を知っている人は少ないようです。そこで今回は、平成26年度の国税庁の民間給与実態統計調査を元に、年収別の手取り年収と年収割合をまとめました。

年収割合や手取り年収を知っておくだけでも自分の年収と比較でき、目標年収に到達したときのイメージが掴みやすくなるでしょう。これから就職する学生も、転職を考えている社会人も参考になるはずです。各年収ごとにリンクを貼りましたので、詳しくはそちらを参考にしてください。

年収別の手取り年収と割合

年収1000万円のサラリーマンが手取り年収でどれくらい貰っているか知っていますか?社会人の方はもちろん知っていると思いますが、就活を控えた学生の中には、年収1000万円の意味を1000万円手取りで貰えると勘違いしている人が少なくありません。

年収と手取り年収は別物です。年収から所得税や住民税が引かれ、その金額が手取り年収となります。引かれる税金は、家族持ちか独身によって変わってきます。各年収の人が手取り年収でどれくらい貰えるのか、年収割合を見ていきましょう。

年収1000万円サラリーマンの手取り年収と割合

年収1000万円サラリーマンが手取り年収で貰える額は

・年収1000万円で家族持ち(4人家族)の場合、手取り年収は730万〜760万

・年収1000万円で独身の場合、手取り年収は700万〜740万

年収1000万円超えの割合は、平成26年度の時点で

・年収1000万を超えているのは男女合計で4.1%

・男性の年収1000円超えの割合5.7%

・女性の年収1000万超えの割合0.7%

詳しくは、年収1000万円サラリーマンの手取り額と生活レベル【年収1000万超えの割合】

年収900万円サラリーマンの手取り年収と割合

年収900万円サラリーマンが手取り年収で貰える額は

・年収1000万円で家族持ち(4人家族)の場合、手取り年収は680万〜710万

・年収1000万円で独身の場合、手取り年収は645万〜675万

年収1000万円超えの割合は、平成26年度の時点で

・年収900万を超えているのは男女合計で1.7%

・男性の年収900円超えの割合2.7%

・女性の年収900万超えの割合0.4%

詳しくは、年収900万円サラリーマンの手取り額と生活レベル【年収900万超えの割合】

年収800万円サラリーマンの手取り年収と割合

年収800万円サラリーマンが手取り年収で貰える額は

・年収800万円で家族持ちの場合、手取り年収は600万〜640万円

・年収800万円で独身の場合、手取り年収は580万〜620万円

年収800〜900万円のレンジ割合は、平成26年度の時点で

・年収800万〜900万円の男女合計で2.6%

・男性の年収800万〜900万円の割合4%

・女性の年収800万〜900万円の割合0.6%

詳しくは、年収800万円サラリーマンの手取り額と生活レベル【年収800万円の割合】

年収700万円サラリーマンの手取り年収と割合

年収700万円サラリーマンが手取り年収で貰える額は

・年収700万円で家族持ちの場合、手取り年収は540万〜570万円

・年収700万円で独身の場合、手取り年収は510万〜540万円

年収700万円~800万円のレンジ割合は、平成26年度の時点で

・年収700万〜800万円は男女合計で4%

・男性の年700万〜800万円の割合5.9%

・女性の年収700万〜800万円の割合1.2%

詳しくは、年収700万円サラリーマンの手取り額と生活レベル【年収700万円の割合】

年収600万円サラリーマンの手取り年収と割合

年収600万円サラリーマンが手取り年収で貰える額は

・年収600万円で家族持ちの場合、手取り年収は460万〜490万円

・年収600万円で独身の場合、手取り年収は440万〜490万円

年収600万円~700万円のレンジ割合は、平成26年度の時点で

・年収600万〜700万円は男女合計で5.9%

・男性の年収600万〜700万円の割合8.4%

・女性の年収600万〜700万円の割合2.3%

詳しくは、年収600万円サラリーマンの手取り額と生活レベル【年収600万円の割合】

年収500万円サラリーマンの手取り年収と割合

年収500万円サラリーマンが手取り年収で貰える額は

・年収500万円で家族持ちの場合、手取り年収は390万〜420万円

・年収500万円で独身の場合、手取り年収は380万〜410万円

年収500万円~600万円のレンジ割合は、平成26年度の時点で

・年収500万〜600万円は男女合計で9.5%

・男性の年収500万〜600万円の割合12.8%

・女性の年収500万〜600万円の割合4.7%

詳しくは、年収500万円サラリーマンの手取り額と生活レベル【年収500万円の割合】

年収400万円サラリーマンの手取り年収と割合

年収400万円サラリーマンが手取り年収で貰える額は

・年収400万円で家族持ちの場合、手取り年収は315万〜345万円

・年収400万円で独身の場合、手取り年収は300万〜330万円

年収400万円~500万円のレンジ割合は、平成26年度の時点で

・年収400万〜500万円は男女合計で13.9%

・男性の年収400万〜500万円の割合17.4%

・女性の年収400万〜500万円の割合9%

詳しくは、年収500万円サラリーマンの手取り額と生活レベル【年収500万円の割合】

年収1000万円超えの企業ランキング

みなさんの中でも、各年収のイメージが湧いてきたのではないでしょうか?男性の5.7%が年収1000万円を超えているので、現状の年収に満足出来ていない方は以下のランキングを参考にして、転職も選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか?目指せ5.7%内!!!

【平均年収の高い会社ランキング】

順位 会社 平均年収(万円)
1 M&Aキャピタルパートナーズ 2,253
2 GCAサヴィアン 2,153
3 キーエンス 1,688
4 朝日放送 1,518
5 TBSホールディングス 1,509
6 日本テレビホールディングス 1,469
7 フジ・メディア・ホールディングス 1,447
8 テレビ朝日ホールディングス 1,433
9 伊藤忠商事 1,395
10 日本M&Aセンター 1,385
11 三菱商事 1,375
12 スクウェア・エニックス・ホールディングス 1,374
13 三井物産 1,361
14 テレビ東京ホールディングス 1,330
15 丸紅 1,306
16 電通 1,301
17 住友商事 1,300
18 ヒューリック 1,295
19 ファナック 1,276
20 三井住友トラスト・ホールディングス 1,249
21 スカパーJSATホールディングス 1,231
22 PKB毎日ホールディングス 1,218
23 東急不動産ホールディングス 1,212
24 野村ホールディングス 1,193
25 ジャフコ 1,176

統計元:東洋経済オンライン「最新!「平均年収トップ500社」ランキング」

ランキングの上位を占めているのは、放送局や総合商社(三菱商事、三井物産、住友商事、伊藤忠商事、丸紅)、広告(電通)などの、有名企業ばかりです。

年収1000万年超えも夢じゃない職種ランキング

第1位:パイロット

パイロットの平均年収は1200万円程と言われていますが、航空会社によって年収は大きく変わるようです。
しかし、パイロットという魅力的な仕事に見合った年収は約束されています。

第2位:医師

医師の平均年収は1150万円程と言われています。
仕事のやりがいや責任、仕事に追われる毎日を考えたら妥当な年収ですね。

第3位:大学教授

大学教授の平均年収は1050万円程と言われていますが、大学や教授自身によって年収は大きく変わっていきます。
著書を出したり、会社の相談役などで、お金を稼いでいる大学教授もいます。その場合、平均年収はもっと高いものになります。

第4位:商社マン

総合商社の平均年収は20代で1000万円を軽く超えます。4位の理由は、5大商社(三菱商事、三井物産、住友商事、伊藤忠商事、丸紅)、7大商社(5大商社+双日、豊田通商)以外の商社は、平均年収が下がるからです。
それでも、商社マンは憧れますよね。海外を飛び回って、高収入を得る。かっこいいお仕事です。

第5位:放送局員

放送局員の平均年収も軽く1000万円を超えます。先ほどの平均年収の高い会社ランキングでも、上位を独占する勢いで放送局の名前がランクインしていました。放送局は商社マンと同じく、勤務時間が長く、きつい仕事のようです。年収と仕事のきつさは比例する部分もありそうです。