年収600万円サラリーマンの手取り額と生活レベル【年収600万円の割合】

nensyu600

年収600万円のサラリーマンが税引き後に手取りでいくらもらっているか知っていますか?今回は、年収600万円のサラリーマンを家族持ちのケースと独身のケースに分けて、手取り年収と月収を試算してみました。また、年収600万円のサラリーマンの生活レベルをインタビューをもとにまとめました。

「年収600万円の方が手取りでいくらもらっているのか気になる方」や「年収600万円の方がどういう生活をしているのか気になる方」にとって役立つ情報が見つかるかもしれません。

年収は、税引き前の1年間の収入(源泉徴収や社会保険料が引かれる前)を指しています。

Aさん
年収600万円の生活レベルは気になります。
Bさん
本記事では、手取り年収と生活費(生活レベル)、年収600万円の割合について解説します。
Aさん
まだ年収600万円に達していない人にとっても、有益な情報がありそうですね。
Bさん
すでに年収600万円に達しているよ!という方は、本記事で紹介しているビズリーチに登録してみてはいかがでしょうか?

年収大幅アップが期待できますよ!

ビズリーチに無料登録

年収600万円サラリーマンの手取り額

専業主婦の妻と子ども2人の4人家族のCさんの場合

年収600万円の家族持ちのCさんの場合、源泉徴収や社会保険料を差し引いた手取り額は約490万。
(手取り年収490万を月で割ると、月収約41万になります。)

平均値ですが、年収600万円で家族持ちの場合、手取り年収は460万〜490万円になります。

手取り額は、働いている人数や家族の人数、保険や住宅ローンなど、さまざまな要因によって変わってきます。

年収600万円になったら、どの程度の手取り年収、月収がもらえるのか知っておくだけでも、現在の年収と比較できて少しワクワクしますね。

Aさんの年収1000万円とCさんの年収600万円を比べると、税引き前は400万円違いますが、税引き後は約275万円しか変わりません。

これは、累進課税という制度のためで、所得が多くなるほど税金を多く払う必要があります。年収800万円のBさんと年収600万円のCさんを比べても同じことが言えます。

Aさん
年収600万円で家族持ちの場合、手取りは460〜490万円なんですね。
Bさん
子どもの数によって、控除額が異なるので、お子さんの多い家庭は平均よりも手取り年収が多くなると思いますよ!

 

Aさん:専業主婦の妻と子ども2人
年収1000万円
Bさん:専業主婦の妻と子ども2人
年収800万円
Cさん:専業主婦の妻と子ども2人
年収600万円
年間給与所得 10,000,000 8,000,000 6,000,000
天引き項目 健康保険 410,000 328,000  246,000
厚生年金 895,825 716,660  537,495
雇用保険 87,500 70,000  52,500
住民税 346,867 206,143  83,735
所得税 577,201 303,361  155,160
手取り年収 7,682,607 6,375,836  4,925,110

独身のCさんの場合

年収600万円の独身のCさんの場合、源泉徴収や社会保険料を差し引いた手取り額は約469万になります。
(手取り年収469万を月で割ると、月収約39万になります。)

平均値ですが、年収600万円で独身の場合、手取り年収は440万〜480万円になります。

家族持ちのCのさんの場合と独身のCさんの場合では、そこまで大きな差はありません。

家族持ちの場合と独身の場合で、もう少し開きがあると思いましたが、多くても30万〜40万程度の開きになると思います。
独身の方が、収入面で見た場合得なのかもしれません。

Aさん
年収600万円で独身の場合、手取りは440〜480万円なんですね。
Bさん
家族持ちの方よりも、少しだけ低いですが、独身なら十分暮らせる額です!
Aさん:独身
年収1000万円
Bさん:独身
年収800万円
Cさん:独身
年収600万円
年間給与所得 10,000,000 8,000,000 6,000,000
天引き項目 健康保険 410,000 328,000  246,000
厚生年金 895,825 716,660  537,495
雇用保険 87,500 70,000  52,500
住民税 468,967 328,244 193,070
所得税 814,801 540,961 277,920
手取り年収 7,322,907 6,016,135 4,693,015

年収600万円世帯の生活費

専業主婦の妻と子ども1人のTさんの3人家族の場合

Tさんは、専業主婦の奥さんと小学生の子ども1人の3人家族です。

月収は35万円で、年2回のボーナス(計70万)があり、税引き前の年収は600万円です。

大きな出費として目立つのが、①家賃9万円、②食費4万4000円、③夫のお小遣い3万円。

①家賃は収入の3割という考え方に沿えば、月収35万円に対して家賃10万5000円が妥当だが、家賃を9万円と安くしている

②食費は4万4000円、育ち盛りの子どもがいるので節約しながらうまく出費を抑えている

③夫のお小遣い3万円は、年収600万円稼いでいる割に少ない(ボーナスからも夫にお小遣いを出している)

ここまでで何となく、年収600万円、手取り年収492万円の家庭の生活費の使い方がわかったと思います。続いて、独身のケースを見てみましょう。

金額 備考欄
月収 350,000 年2回のボーナスが計70万円
家賃 90,000 都心から25分の平均的なマンション
食費 44,000 家で食べることが多い
外食費 20,000 月に数回程度
水道光熱費 16,000
通信費 15,000 子どもの携帯代も含める
日用品 14,000
衣料品 18,000
趣味・娯楽 20,000
家具・家電 0
医療費 18,000
自動車 15,000 車にはお金をかけていない
教育費 10,000 子どもがそろばん塾に通っている
夫のお小遣い 30,000 ボーナスが出た時にプラスで渡している
交通費 3,000
貯金 37,000 貯金は月に3.7万円だが、ボーナスも貯金している
合計 350,000

独身のA.Tさんの場合

A.Tさんは、独身でIT企業に勤めているサラリーマンです。

月収は29万円で、年2回のボーナス(計120万円)があり、税引き前の年収は600万円です。
大きな出費として目立つのが、①家賃7万円、②外食費5万円、③趣味・娯楽5万円。

①家賃は収入の3割という考え方に沿えば、月収29万円に対して家賃8万7000円が妥当だが、7万円にしている

②仕事の付き合いや後輩との飲み会が頻繁にあり、外食費が5万円

③趣味・娯楽に5万円を使っている(副業の経費もここから出している)

金額 備考欄
月収 290,000 年2回のボーナスが計120万円
家賃 70,000 都心から30分の平均的なマンション
食費 5,000
外食費 50,000 外食がほとんど、家で食べることはない
水道光熱費 7,000
通信費 10,000
日用品 6,000
衣料品 20,000
趣味・娯楽 50,000 趣味にお金をかけている
家具・家電 10,000
医療費 10,000
自動車 0
交通費 5,000
貯金 47,000 ボーナスも貯金している
合計 290,000

年収600万円のサラリーマンの割合は?

実際に年収600万円の方が全体の何%ほどなのか知っている人は少ないと思います。

そこで今回は、国税庁のデータを元に年収600万円〜700万円の全体の割合と男女別の割合をグラフ化しました。

年収600万円のサラリーマンは全体の5.9%!?

下表は国税庁が毎年発表している、平成26年度の民間給与実態調査のデータをグラフ化したものです。

調査結果によると年収600万〜700万円は男女合計で5.9%です。

一番多いのが300〜400万(17.3%)のレンジで、
次に200万〜300万(16.9%)、100〜200万(15.2%)という結果になっています。
年収400万以下を合わせると58.2%となり、全体の約6割が年収400万以下となります。

nensyu600

男女別の年収600万円の割合

下表によると、

男性の年収600万〜700万円の割合8.4%
女性の年収600万〜700万円の割合2.3%

また、

男性の年収400万以下の割合は42%
女性の年収400万以下の割合は80.9%

ということがわかります。

男女別で見ると、明らかに男性の方が年収600万円の割合は高くなります。

男性は約12人に1人が年収600万〜700万円ということになります。(高所得者が平均のベースを上げているので、実際はもっと低い)
女性の方が年収600万円の割合が低いのは、結婚や出産、育児などのライフイベントで今まで通り働くことができずに辞めてしまうケースが多いためです。
同じ理由で、年収400万以下の割合が高いと言えます。
最近では男性が育児休暇を取るケースも会社によっては増えてきたので、女性の社会進出が加速する中で、このような状況は年々変わっていくことでしょう。

【男性の割合】
nensyu600male
【女性の割合】
nensyu600female
統計元:「国税庁 平成26年民間給与実態統計調査 事業所規模別の給与階級別構成割合」

年収UPを目指すならビズリーチ!

bizreach

ビズリーチは、株式会社ビズリーチが運営する転職サイトです。リクナビNEXTやマイナビ転職とは異なり、エグゼクティブ向け会員制転職サイトで、①スタンダートプランと②プレミアムプランの2つがあります。スタンダードプランは無料ですが、プレミアムプランは30日間で、タレント会員2,980円(税抜き)、ハイクラス会員3,980円(税抜き)となっています。有料の分、手厚いサポートや質の高い求人情報が受け取れます。年収が600万円を超えている方は登録すべきかと思います。

ビズリーチに無料登録

  1. 質の高い求人情報が受け取れる
  2. 管理職や外資系などのハイエンド層(額面総額年収750万円以上)に特化している
  3. スカウト機能が充実
  4. ヘッドハンターを検索&相談ができる

※ビズリーチでは、審査に通過したヘッドハンターが登録でき、ユーザー側はヘッドハンターの実績や評判を閲覧し、自分に合ったヘッドハンターを選ぶことができる

対応地域 全国
探せる職種 経営、管理、マーケティング、営業、コンサルタント、 ITコンサルタント、専門職 、IT・インターネット、ゲーム、電気・電子、半導体、機械、化学・化粧品・食品、金融、メディカル、建設・不動産
求人数 多い
特徴 ・質の高い情報(求人情報含む)が受け取れる
・管理職や外資系などの年収レンジが高い求人が多数
・スカウト機能充実
・ヘッドハンターを検索&相談ができる
おすすめ度