FX(為替取引)で初心者が覚えるべき用語【副業のススメ】

hong-kong-1990268_1280

最近は副業OKの会社が増え、サラリーマンの方でも株式投資、FX、不動産投資、アフィリエイトなどの副業をやることが当たり前になってきました。
私も最近、FXをはじめました。FXはハイリスク・ハイリターンの世界であまりおすすめはできませんが、しっかりと勉強し、リスクヘッジをしていけば資産を増やすことが可能です。

FXを勉強し始めるわかるのですが、難しい専門用語が多いです。しかし、専門用語を覚えることは稼ぐためには重要。確実に覚えていくべきだと思いますので、本記事で「初心者がFXで覚えるべき用語」をわかりやすく紹介します。備忘録という意味合いが強いですが、お付き合いください。

初心者が覚えるべきFX用語

BidとAsk

Bidは売り、Askは買いの意味。

投資家が売りたい時の値段がBid(売り)です。投資家が買いたい時の値段がAsk(買い)です。

例:USD/JPY 通貨のレート

100【BID】 101【ASK】

極端な例ですが、101円でドルを買い、すぐに100円で売るとします。その場合、損益はー1000円になります。(取引量が1000通貨)

計算式:

買値 101 × 1000 =101,000

売値 100 × 1000 =100,000

売値 ー 買値 =−1000 

スプレッド

スプレッドとは、BID(売り)とASK(買い)の差。(実質上の取引手数料)

下記の例で言うと、BIDとASKの差が1円です。この1円の差が取引手数料となります。取引手数料はFX会社によって異なるので、なるべく安い会社を選びましょう。

例:USD/JPY 通貨のレート

100【BID】 101【ASK】

ポジション

ポジションとは、まだ決済していない注文のこと。建玉(たてぎょく)とも呼ばれる。エントリーしたが、決済していない通貨ペアのことである。

成行注文

成行注文とは、相場の取引の数量と売買のみで注文を行う方法。

ストリーミング注文

ストリーミング注文とは、現時点でのレートで取引する注文方法。

OCO注文(One Cancel Other)

OCO注文とは、エントリーと決済という2つの注文を同時に出し、どちらかが成立したら、どちらかをキャンセルできる注文方法。複数注文とも呼ばれる。

損切り

損切りとは、含み損を抱えたポジションを決済して損失額を確定すること。別名ストップロスともいう。

強制決済

強制決済とは、含み損が大きくふくらみ過ぎた場合に自動的に行われること。別名ロスカットともいう。含み損がふくらみ過ぎると、証拠金以上の損失を背負ってしまう可能性があるため、あらかじめ設定した値で自動的に損切り注文を行うことができる。

実現益

ポジションを決済して得られる利益。まだ決済していないポジションの利益は含み益と呼ばれる。

利益確定

含み益を抱えたポジションを決済して得られる利益。