1年以内の転職をおすすめできない理由〜転職の基礎知識〜

itinennme

大卒の3年以内の離職率をみなさんご存知でしょうか?3年以内の離職率は約3割と言われています。業界によっては3年以内に5割辞めてしまうこともあります。せっかく頑張って入社したのに、やっぱり合わなかった…、思っていたのと違っていた…と後悔している人は少なくありません。

このように、入社した会社をすぐに辞めてしまうケースは一般的になりました。しかし、私は1年以内の転職は絶対におすすめできません。なぜ、1年以内の転職はやめたほうがいいのか?を解説します。

1年以内の転職はダメ

1年以内の転職をおすすめできない理由は単純です。なぜなら、履歴書に一生消えない傷がつくからです。転職市場では、1年以内の退職経験のある人が書類選考を通過して面接に進める確率は極端に下がります。感覚値ですが、新卒で入社した会社を1年以内に退職した場合、書類通過率は60〜70%下がります。

どんなに仕事ができても、有名大学を卒業した人であっても、1年以内に退職した場合は転職の選択肢が非常に少なくります。したがって、1年以上は在籍することをおすすめします。できれば3年以上在籍することが望ましいです。

1年以内の退職経験者はなぜ敬遠されるのか?

会社からすると、1年以内に辞められては困ることばかりです。採用コスト、育成コスト、給料など、会社は従業員に対して多額の投資をしています。投資のリターンは3年目以降に徐々に返してもらえれば、会社としてはプラスになります。そのような長期的な視点で会社は従業員を雇用しています。

そのため、1年以内の退職経験者の場合、すぐに辞めてしまうリスクがあるので、多くの企業から敬遠される可能性があります。どんな仕事にも嫌なことや辛いことはあります。やりたくない仕事、相性の合わない上司、結果がでない、深夜まで残業…。こんな会社ならすぐに辞めたいと誰もが思うでしょう。

しかし、ここで踏ん張れる忍耐力を持ったヒトを会社は欲しがります。厳しい言い方をしますが、「たったの1年間も耐えられなかった奴は使い物にならない。」というのが会社の本音です。

例えば、1年以内に退職したAさんと5年間同じ会社で働いていたBさんでは、どちらが採用されると思いますか?ほとんどの会社で、Bさんを採用すると思います。転職を考えている人は、安易な選択をしてはいけません。今の会社で1年以上、または3年以上、働いてから転職を考えましょう。