01

デキる社会人が仕事でよく使う計算方法のまとめ【わかりやすく解説】


会議の資料やプレゼン、マーケティング戦略、商品開発といったビジネスの現場では、必ずと言っていいほど計算は発生します。一見難しいそうでも、ビジネスシーンで使う計算は「数学」というよりも「算数」に近く、計算式を覚えれば誰でもできるようになります。

今回は、ビジネスシーンでよく使う計算方法をまとめました。計算方法を理解した後は、仕事の現場でアウトプットの数を増やしましょう。

この記事を要約すると
  • ✓ 前年比の売上計算
  • ✓ %の増減の計算
  • ✓ 目標達成率の計算
  • ✓ 伸び率の計算
  • ✓ リピート率の計算

転職アシストが選ぶ転職サービスランキング

前年比の売上計算

前年比 = 今年度売上 ÷ 前年度売上

問題)今年度の売上が1億5,000万円、前年度の売上が1億円の場合の前年比を求めなさい

  • 1億5,000万円 ÷ 1億円 = 1.5
  • (前年に比べ1.5倍の成長)

前年比(%)= (今年度売上 ÷ 前年度売上)× 100

問題)今年度売上が1億5,000万円、前年度売上が1億円の場合の前年比を%で求めなさい

  • 1億5,000万円 ÷ 1億円 × 100 = 150%
  • (前年に比べ150%の成長)

%の増減

(今期の数値 ー 前期の数値)÷ 前期の数値

問題1)前期の営業利益は8億円、今期の営業利益は11億円、何%増えたか求めなさい

  • (11 ー 8)÷ 8
  • = 3 ÷ 8
  • = 3/8
  • = 0.375
  • →37.5%増

※3 ÷ 8を分数にして、分数を小数に変換することが重要(ポイント欄に覚えるべき分数→小数を参考にしてください)

問題2)前期の営業利益は8億円、今期の営業利益は15億円、何%増えたか求めなさい

  • (15 ー 8)÷ 8
  • = 7 ÷ 8
  • = 7/8
  • = 0.875
  • →87.5%増

※7 ÷ 8を分数にして、分数を小数に変換することが重要ポイント欄に覚えるべき分数→小数を参考にしてください)

※分数から小数の変換

  1. 1/4 = 0.25    3/4 = 0.75
  2. 1/5 = 0.2      2/5 = 0.4
  3. 3/5 = 0.6      4/5 = 0.8
  4. 1/8 = 0.125  3/8 = 0.375
  5. 5/8 = 0.625  7/8 = 0.875

目標達成率

目標達成率 = 実績値 ÷ 目標値

問題)目標売上が1000万円、当月の売上が800万円の場合の目標達成率を求めなさい

  • 800万円 ÷ 1000万円 = 0.8
  • →目標達成率0.8

目標達成率(%)= (実績値 ÷ 目標値)× 100

問題)目標売上が800万円、当月の売上が1000万円の場合の目標達成率を求めなさい

  • (1000万円 ÷ 800万円)× 100 = 125
  • →125%達成

伸び率

伸び率 =(今月の値 ー 前月の値)÷ 前月の値

問題)商品Aの今月の売上が1200万円、前月の売上が1000万円の場合の伸び率を求めなさい

  • 1200万円 ー 1000万円 ÷ 1000万円
  • =200万円 ÷ 1000万円
  • =0.2
  • →伸び率0.2

伸び率(%)=((今月の値 ー 前月の値)÷ 前月の値) × 100

問題)商品Bの今月の売上が1000万円、前月の売上が800万円の場合の伸び率を求めなさい

  • 1000万円 ー 800万円 ÷ 800万円 × 100
  • =200万円 ÷ 800万円 × 100
  • =2/8 × 100
  • =0.25 × 100
  • =25%
  • →伸び率25%

リピート率

リピート率(%)=リピート数 ÷ 購入者数× 100

問題)商品Aの購入者数は5000人、そのうちの2000人が2回以上購入している、この時のリピート率を求めなさい

  • 2000 ÷ 5000 × 100
  • = 2/5 × 100
  • = 0.4 × 100
  • = 40%
  • →リピート率は40%

まとめ

今回は以下の計算方法を解説しました。この他にも多くの計算方法がありますが、日頃使う計算はそれほど多くはありません。以下の計算を瞬時にできるようになれば、できるビジネスパーソンに一歩近づけるでしょう。

  1. 前年比の売上計算
  2. %の増減
  3. 目標達成率
  4. 伸び率
  5. リピート率