business-1137366_1920

働く理由「何のために働くのか?」〜キャリアについて考える〜


就活中の学生や転職を考えている社会人に対して、必ずする1つの質問がある。

それは「あなたは何のために働くのか?」

就活中の学生の場合、この質問に答えられる人はほとんどいません。考えることなく就職し、「あれ俺なんのために働いているんだっけ?」という疑問が頭をかすめる。社会人でも「あなたは何のために働くか?」という質問に対して答えられる人は少ないでしょう。
しかし、働く理由を考えることは非常に重要です。なぜなら、働く理由が明確になっていないと、さまざまな弊害があるからです。

  • モチベーションが上がらない
  • 何のために働くのかわからず、何となく会社に行くようになる
  • 仕事を辞めたいと思うようになる

上記のような状態で仕事をしても、自分の身になることはないです。付いてくるのはお金くらい。どうせなら、仕事を通して幸せや喜びを感じて欲しい。40年以上働くキャリアの中で、働く理由を明確にして、人生を豊かにしよう。

よくある上辺だけの働く理由

就活中の学生に「あなたは何のために働くのか?」とよく尋ねるのですが、

私「何のために働くの?」
学生「社会貢献がしたいからです!」

いや、嘘だろ!!ってなります。(本気で社会貢献を考えている方もいます。そういう方は主張に対する根拠・理由を自分の経験をベース話されているので説得力があって、納得できます。)

何のために働くの?という質問に対する回答に、正解はない。でも、もっと自分に正直になってほしい。自分のことを知らない人は自己分析をしてほしい。私が就活中に受けた総合商社の志望理由は、「年収が高い」と「モテたい」という2つの理由だった。面接でここまで正直に言うことはないが、自分が本当に欲しているものがなにかを理解していることは社会に出てから非常に重要だ。

働く理由は正直でいい

働く理由に正解はない。「就職しないと世間体が悪くなる」「お金を稼いで裕福な生活をしたい」「モテたい」「家族にために」「経験・スキルをつけたい」あなたが本気でそう思っているならそれが答えだ。しかし、「みんなが働いているから」という理由はダメ。ただただ、流されてしょうがなく働いているという状態は、本人にとって良くないし、会社にとっても良くない。

もっと、本質的な部分で自分を理解し、働く理由を明確にしてほしい。そのためには、自己分析と他己分析が重要。そして、働く理由を考える。例えば、ふとした瞬間に「なんで働いているんだろう?」という疑問が浮かんだら、「家族のために」「お金のために」「モテたいから」など、簡単な回答が浮かんでくる。このサイクルを繰り返すことで、回答の厚みが増してくる。

もっと、本質的に自分を知りたい方は、リクルートが作った「R-CAP」をインターネットで受験することをおすすめします。「R-CAP」は個人向けの適職診断で、自分のモチベーションの源泉や仕事の適性をわかりやすく図解で示してくれる。

働く理由が見つからない人のためのヒント

「働く理由を一生懸命考えた。でも、ピンとくる答えが見つからなかった。」そんな人におすすめのヒントをご紹介します。

①20代30代はいろいろな仕事を経験する

転職が当たり前になった現在、1つの仕事を40年以上することはなくなった。若いうちに、いろいろな仕事を体験することで、自分にフィットする仕事が将来的に見つかりやすくなる。「俺はこういうことがしたかったんだ」と働く理由が伴って仕事をすることができれば、仕事に対するモチベーションが格段に上がる。

②やりたくないことを考える

衣食住すべてが満たされている日本では、「やりたいこと」を本気で考えることは難しい。その一方で「やりたくないこと」を考えるのは楽だ。「ティッシュ配りを一生やるのは嫌だ」「コンビニは自分の性分に合わないから嫌だ」など、本気でやりたくないことを考え、それらを排除していけば、最後に残った1つがあなたが本気でやりたいことになる。

③成功体験を積む

過去を振り返ってどんなに小さなことでもいいので、「これは成功した!」と思える出来事を思い返してください。大学受験、就活、結婚、もっと小さく、飲み会の幹事をやった、友達の誕生日にサプライズをしたなど。なんでもいいのですべて思い返してください。

① 成功体験を積めば積むほど、自分に自信を持つことができる→② 自分に自信が持てれば、いろいろなことに挑戦できる→③ いろいろなことに挑戦できれば、多くの経験を積むことができる→④ 多くの経験を積むことができれば、経験則から自分の軸ができ、なにをしているときが一番楽しいか、幸せかを理解することができる→⑤ 自分の軸からどんな仕事が合っているかを考えることができる

成功体験を多く積めば積むほど、自分の軸が定まり、仕事がしやすくなります。また、成功体験は積んで終わりではなく、振り返ることがとても重要です。人は、すぐに忘れてしまったり、嫌な記憶が強く残りやすいため、意識的に成功体験を振り返ることが重要です。

仕事とプライベートの密接な関係

仕事は仕事、プライベートはプライベートと完全に割り切っている人もいるが、「仕事がうまくいかないときは、プライベートもうまくいきづらい」というのが私の意見だ。金曜日になれば、「明日から休みだー」とテンションが上がる。日曜日になれば、「明日から仕事か…」とテンションが下がる。

このサイクルで毎週過ごしている人が多い。仕事とプライベートをうまく割り切って、どちらもうまくやっている人はいいが、うまくいっていない人は、まずは仕事をうまくいかせることに集中してほしい。仕事がうまくいきだすとプライベートの時間を有効に使えるようになる。仕事で結果を出したからと自分にご褒美を与えたり、飲み会での会社の愚痴も減っていく。すると仕事とプライベートでのストレスの総量も減っていき、良好なサイクルで毎週をすごせるようになる。

まとめ

・「あなたは何のために働くのか?」→正解はないが、本質的な自分を理解することが重要

・働く理由は正直でいい→面接のための建前の理由は、自分に嘘をついていることになる

・働く理由が見つからない人のためのヒント→①いろいろことを経験する②やりたくないことを考える③成功体験を積む

・仕事とプライベートは密接に関係している
→仕事がうまくいっているときはプライベートもうまくいく